頭皮の臭い(におい)の原因

 

頭のニオイは、頭皮の汗と皮脂が混ざって酸化したものがおもな原因です。

 

頭皮には、汗を出す汗腺と皮脂を出す皮脂腺があります。本来この汗と皮脂が混ざり合って、皮膚の潤いを逃さないようにバリアとなってくれるのですが、ホルモンのバランスの崩れ、シャンプーのすすぎ残しなどによる細菌の繁殖などによって、イヤなニオイやベタつきを引き起こしてしまいます。

ここでは、頭のニオイの原因を大きく二つに分けて考えてみることにします。

 

≪加齢のよる臭い≫

 

そもそも、加齢臭って何でしょうか?

 

加齢臭とは、皮脂から発生する臭いのことです。臭いの主な原因はノネナールという体臭成分。ノネナールは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が分解されることで発生します。つまり、過剰な皮脂の分泌がニオイにつながるという訳なんですね。

男性の方が加齢臭が強いのは、皮脂量が女性よりも多いからですが、ホルモン分泌が減少し始める40代女性でも起こりうるものです。

加齢により女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが優位になり、皮脂が増えてきます。皮脂の増加、つまり、加齢臭の原因が増加するというわけです。

頭皮のニオイの一つ目は、この皮脂のニオイと言えます。

 

≪酸化(=さび)によるニオイ≫

 

二つ目はこの、皮脂が酸化することによって発生するニオイです。

皮脂の酸化には、活性酸素が関わっています。活性酸素とは、酸素が活性化したもので、体内の細胞を酸化(=サビ)させます。

若いうちは、体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいるのですが、40歳過ぎると、体内の抗酸化物質の働きが弱ってきます。これにより、皮脂の酸化が促進してしまい臭いが発生します。

活性酸素が増加する原因には、バランスの悪い食事や飲酒・喫煙、ストレス、乱れた生活リズムなどが挙げられます。

 

このほかにも、シャンプーのすすぎ残しなどで細菌が増殖し皮膚がただれてしまって発生するニオイなども考えられます。

 

このように、頭皮のニオイの原因はいくつもの要素が混じりあって発生するものなんですね。

井砂さん、スバリ「薄毛に合う髪型」ってあります?あったら是非教えてください!

 

あるよ!でも、残念ながら一種類だけなんだ。

 

いいです。教えてください!

 

髪の毛の薄いところに合わせて全体をカットしてあげるんだ。

 

それじゃ、全部が薄毛みたいになってかっこ悪いじゃないですか!!

 

そんなことはないよ。普通に考えれば隠そうとするよね。

   それで、ある髪の毛を出来るだけ伸ばして薄い方にもっていく、

   いわゆる、19分けをやってしまうんだ。

   あれは逆に「私は薄毛なので隠していますよ!!」って言っているのと同じだよ!

   思い切って薄いところに全体を合わせてボリュームをコントロールするほうがいいね。

   そうすると、薄い部分が目立たなくなるんだよ。

 

分かりました!それなら私の友達にもいますよ。

   全体を短くして髪の毛をすいて、ツンツンヘアーにしている人。

   なるほどです。言われるまで気が付きませんでした。

   ちょっと髪の毛が薄い奴だな~と思っている程度であまり変じゃないですね。

 

そうでしょう!!外国人の映画俳優をよく見るといいよ。

   外国人は薄毛が多いから上手く髪型でカバーしているんだ。

 

でも、残った髪の毛があまりにも少ない人は・・・・

 

一番薄いところに合わせればいいんだよ。