朝シャンが女性の薄毛の原因?

「朝シャン」という言葉は最近すっかり定着してきました。若い女性でも「清潔にさわやか香りで出かけたい!」と思い、朝や出かける前にシャンプーをする人が増えてきています。ところが、朝シャンはあまり髪の毛に良くありません。朝の忙しい時間にシャンプーをする為十分なゆすぎができす洗浄成分を頭皮に残してしまいがちです。また、頭皮まで十分に乾かす時間無いため、頭皮が水分を含んだ状態になります。この湿った状態は雑菌、細菌繁殖の格好の環境になります。朝に必要な皮脂を取り除いてしまうと、紫外線から頭皮を守ることも出来なくなってしまいます。

Category: 頭皮や髪にまつわる話

朝シャンが女性の薄毛の原因?

朝シャンが女性の薄毛の原因?

 

「朝シャン」という言葉は最近すっかり定着してきました。

 

若い女性でも「清潔にさわやか香りで出かけたい!」と思い、朝や出かける前にシャンプーをする人が増えてきています。

ところが、朝シャンはあまり髪の毛に良くありません。朝の忙しい時間にシャンプーをする為十分なゆすぎができす洗浄成分を頭皮に残してしまいがちです。

また、頭皮まで十分に乾かす時間無いため、頭皮が水分を含んだ状態になります。

この湿った状態は雑菌、細菌繁殖の格好の環境になります。朝に必要な皮脂を取り除いてしまうと、紫外線から頭皮を守ることも出来なくなってしまいます。

「マツダ」記者が薄毛、抜け毛で悩んでいる女性におススメするシャンプー。

女性のシャンプー選びは男性より難しいと思います。男性より髪の毛が長いですし量も多いです。洗い上がりが悪かったりしたら、ヘアースタイルはまとまりません。

また、最低限の洗浄力もないと髪の毛が多いために男性よりいっそう臭いが気になってしまいます。男性用シャンプー同様に、アミノ酸系で頭皮にやさしいシャンプーが女性にもいいと思います。

私がおススメするシャンプーは「ハイビスカスシャンプー」と「S-1」シャンプーです。どちらも私が実際に使ってみました。

自分では気づかない頭皮のイヤな臭い

満員電車に乗ったときに、前の人の頭から嫌な臭いが・・・

脱いだあとの帽子のなんとも言えないあの臭い・・・

枕カバーがなんだか臭う・・・

 

そんなとき、急に自分の頭のニオイが気になることありませんか?

 

電車の人はおじさんだから?、いえいえ、帽子や枕カバーは明らかに自分の頭皮の臭いです。頭皮の嫌な臭いは男性特有の臭いだと思っている方も多いと思いますが、実は、ホルモン分泌が減少し始める40代女性でも起こりうるものなのです

 

毎日シャンプーをしているはずなのになぜか臭っている気がする。

どうやって頭皮を洗ったら良いのか分からない。

 

なかなか、自分では気づきにくい頭皮のニオイ。もしかしたら、自分よりも周りの人の方が気づいているかもしれませんよ!

 

まだまだ汗をかくこの時期。“頭皮のニオイ”の原因を知り、しっかり対策をとることが大切です。

 

手遅れになる前に、ニオイの元になる頭皮環境を悪くする習慣について勉強しませんか?

 

たとえ坊主あたまになってもいいじゃん!今は坊主も立派なファンションだから。

かっこいい洋服や帽子を被っているほうがいいと思うけどな~。

あまりにも気にしすぎるほうが健康にもよくないと思うよ。

 

そうですね。私も出来るだけ普段から無理をしない範囲で努力をして

髪の毛を残すようにします。ありがとうございました。

頭皮の臭い(におい)の原因。皮脂が…。

頭皮の臭い(におい)の原因

 

頭のニオイは、頭皮の汗と皮脂が混ざって酸化したものがおもな原因です。

 

頭皮には、汗を出す汗腺と皮脂を出す皮脂腺があります。本来この汗と皮脂が混ざり合って、皮膚の潤いを逃さないようにバリアとなってくれるのですが、ホルモンのバランスの崩れ、シャンプーのすすぎ残しなどによる細菌の繁殖などによって、イヤなニオイやベタつきを引き起こしてしまいます。

ここでは、頭のニオイの原因を大きく二つに分けて考えてみることにします。

 

≪加齢のよる臭い≫

 

そもそも、加齢臭って何でしょうか?

 

加齢臭とは、皮脂から発生する臭いのことです。臭いの主な原因はノネナールという体臭成分。ノネナールは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が分解されることで発生します。つまり、過剰な皮脂の分泌がニオイにつながるという訳なんですね。

男性の方が加齢臭が強いのは、皮脂量が女性よりも多いからですが、ホルモン分泌が減少し始める40代女性でも起こりうるものです。

加齢により女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが優位になり、皮脂が増えてきます。皮脂の増加、つまり、加齢臭の原因が増加するというわけです。

頭皮のニオイの一つ目は、この皮脂のニオイと言えます。

 

≪酸化(=さび)によるニオイ≫

 

二つ目はこの、皮脂が酸化することによって発生するニオイです。

皮脂の酸化には、活性酸素が関わっています。活性酸素とは、酸素が活性化したもので、体内の細胞を酸化(=サビ)させます。

若いうちは、体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいるのですが、40歳過ぎると、体内の抗酸化物質の働きが弱ってきます。これにより、皮脂の酸化が促進してしまい臭いが発生します。

活性酸素が増加する原因には、バランスの悪い食事や飲酒・喫煙、ストレス、乱れた生活リズムなどが挙げられます。

 

このほかにも、シャンプーのすすぎ残しなどで細菌が増殖し皮膚がただれてしまって発生するニオイなども考えられます。

 

このように、頭皮のニオイの原因はいくつもの要素が混じりあって発生するものなんですね。

井砂さん、スバリ「薄毛に合う髪型」ってあります?あったら是非教えてください!

 

あるよ!でも、残念ながら一種類だけなんだ。

 

いいです。教えてください!

 

髪の毛の薄いところに合わせて全体をカットしてあげるんだ。

 

それじゃ、全部が薄毛みたいになってかっこ悪いじゃないですか!!

 

そんなことはないよ。普通に考えれば隠そうとするよね。

   それで、ある髪の毛を出来るだけ伸ばして薄い方にもっていく、

   いわゆる、19分けをやってしまうんだ。

   あれは逆に「私は薄毛なので隠していますよ!!」って言っているのと同じだよ!

   思い切って薄いところに全体を合わせてボリュームをコントロールするほうがいいね。

   そうすると、薄い部分が目立たなくなるんだよ。

 

分かりました!それなら私の友達にもいますよ。

   全体を短くして髪の毛をすいて、ツンツンヘアーにしている人。

   なるほどです。言われるまで気が付きませんでした。

   ちょっと髪の毛が薄い奴だな~と思っている程度であまり変じゃないですね。

 

そうでしょう!!外国人の映画俳優をよく見るといいよ。

   外国人は薄毛が多いから上手く髪型でカバーしているんだ。

 

でも、残った髪の毛があまりにも少ない人は・・・・

 

一番薄いところに合わせればいいんだよ。

 

 

 

頭皮の臭いを引き起こす悪い習慣!

頭皮の臭いを引き起こす悪い習慣!

 

頭皮の臭いを引き起こす悪い習慣を書いています。毎日の生活習慣が知らないうちに、ニオイの原因となっていることがあります。以下の項目でチェックしてみて下さい。

(1)油っぽい食べ物が好き

(2)タバコを吸う

(3)お酒をよく飲む

(4)野菜より肉中心の食事が多い

(5)スパイスを多く使う味の濃い料理が好き

(6) 朝、シャンプーをすることが多い

(7)夜更かしをすることが多い

(8)よく髪を束ねたり、帽子をかぶることが多い

いくつ当てはまりますか?

頭皮と顔は1枚の肌でつながっています。肌に良くない習慣は、頭皮にも良いわけがないということなんですね。また、悪い生活習慣は細胞の酸化(=さび)を 引き起こしてしまいます。まずは日常生活を見直すことが頭皮環境の正常化につながり、ニオイの改善への近道となると言えます。

 

また、朝シャンプーをする人は、時間がなく洗い方が雑になったり、すすぎ残しがあったりします。さらに、ドライヤーでしっかり乾かさずにに外に出ることで、生乾きの髪がニオイの元になる物質を吸着しやすくなりますし、髪の毛も痛みやすくなりますので注意が必要です。

頭皮のニオイを防ぐシャンプーの仕方

基本的にシャンプーは、汗や一日の汚れを落とすために夜にするのがオススメです。

 

朝とは違い時間をかけて丁寧に洗うことができますし、整髪料を落としてから寝るという点でも大切です。また、リラックスできますので、一日の終わりに丁寧にシャンプーするを習慣をつけてみて下さい。

 

ここでは、頭皮をキレイに保ち、ニオイの発生を抑えるシャンプーのポイントをおさらいします

 

(1)シャンプーの前にブラッシングをする

   頭皮を軽く刺激し、汚れを浮き出させます。

 

(2)38度くらいのぬるま湯で髪をすすぎ、ざっと皮脂や汚れを落とす

   十分ぬらし、シャンプーが行き渡りやすくさせます。

 

(3)シャンプーをよく泡立ててから髪につける

   このときに、地肌まで十分に泡を届かせるようにします。

 

(4)指の腹を使い、頭皮を揉みほぐしながら優しく洗う

   マッサージによるリラックス効果も得られるように。

 

(5)洗い残しがないように、しっかりとすすぐ

   上からだけでなく、下を向いて後頭部もよくすすぎます。

 

(6)シャンプー後は、雑菌の繁殖を防ぐためにすぐに髪を乾かす

   内側までしっかりと風が入り地肌を乾かすようにするのがポイントです

 

また、頭皮クレンジングや、月1度程度のサロンでのヘッドスパも頭皮のニオイを抑えるのには有効ですが、頻繁にやりすぎは反対に頭皮の脂を取り過ぎてしまいますので注意して下さい。

 

AGAとは?詳しく解説しています!

AGAとは?詳しく解説しています!

 

AGAとは男性型脱毛のことです。30~50歳代の男性が薄毛、抜け毛になる症状です。

 

男性の前立腺、睾丸、ひげ、などは男性ホルモンによって発達をしますが、この働きを促進させる酵素が「5アルファーリアクターゼ」と呼ばれるものです。

この5アルファリアクターゼが男性ホルモンのテストステロンをデヒドロテストステロンとう活性型の物質に変えてしまう性質を持っています。

 

活性化されたデヒドロテストステロンが毛根のレセプターに取り込まれると、男性ホルモンが過剰反応をして、抜け毛や薄毛などを引き起こすと言われています。

他にも様々な原因があると思いますが、AGA(男性型脱毛症)の原因として一番注目されているのが、「5アルファリアクターゼ」です。

この「5アルファリアクターゼ」の働きを抑制してあげればAGA(男性型脱毛症)を防いだり、遅らせたりすることがでるのではと考えられています。ここまでが一般的なAGA(男性型脱毛症)に対する見解です。

 

一方で、「ホルモンの問題ではなくて、デヒドロテストステロンを受け取るレセプターの感度の高い人が薄毛、抜け毛になりやすい。」という研究結果もあるのです。

私も薄毛、抜け毛が気になった時期があって、特定の商品やサービスは提供しないという【日本育毛科学協会】に質問したことがあります。

余談ですが、この協会は理容師、美容師、薬剤師しか会員になれませんのであきらめました。個人的には非常に信頼できる機関です。

かなり難しいことを書いてきましたが、ざっくばらんにまとめますと、

AGA(男性型脱毛症)は老化現象の一種で遺伝的要素が強い。

だから、あまり気にしすぎるのも良くない。老化現象の一種である以上は、遅らせるということも可能である。ということです。随分と気分が楽になりませんか?(笑)私もそうでした。

 

では、その老化現象を遅らせる様々な方法を次のページでご紹介しましょう。

AGA(男性型脱毛症)予防と対策には大きく分け3てつあります。

 

①正しいシャンプーとマッサージで健康的で育毛にいい状態を作ってあげる。

 →プロが教える薄毛、抜け毛に効果的なマッサージ方法

②普段の生活から気を付けていく

③健康食品

④薬による予防、改善

 

②普段の生活から気を付けていく

AGA(男性型脱毛症)の原因の一つとして食生活の変化があげられます。

何も薄毛、抜け毛の問題に限らず、全ての健康に言えることです。

長い日本人としての生活習慣からしてみると、戦後の食生活の変化は激変と言っていいでしょう。

和食を中心とした食生活から欧米化がかなり進んできています。そもそも日本人は魚と野菜と穀物を中心とした世界的に見てもかなり健康的な食生活をしてきましたが、近年の食生活の欧米化は色々な弊害をもたらしているといえます。

 

また、ストレスも同様ですね。ストレスは万病の元です。

睡眠時間も十分に取った方がいいでしょう。寝ている間に肌の再生が最も活発になります。

睡眠不足はお肌によくないといいますがその通りです。

AGA(男性型脱毛症)予防と対策!

AGA(男性型脱毛症)予防と対策!

 

AGA(男性型脱毛症)予防と対策について。食事または健康食品も大切なAGA(男性型脱毛症)予防と対策になります。抜け毛、薄毛に効果的で育毛効果のある食品成分は色々あります。まずは、食事から取ることをお勧めします。何事も自然が一番です。

■地肌が赤い場合。

ビタミンEは血流を良くする働きがあります。また、血管を若く弾力のある状態に保つにはビタミンPです。

ビタミンE・・・大豆類、ナッツ類、植物油、魚類

ビタミンP・・・柑橘系食品、そば類

■地肌が脂っぽい場合。

ビタミンB2・・・レバー、納豆、チーズ、卵、ウナギ

ビタミンB6・・・魚介類、バナナ

■地肌が乾燥している場合。

ビタミンA・・・レバー、緑黄色野菜

ビタミンE・・・大豆類、ナッツ類、植物油、魚類

規則正しい生活を送り、アルコール・甘いもの・刺激物は控えといいでしょう。

一人暮らしや忙しくで外食がちな男性は健康食品で補うという方法もあります。

薬による予防、改善

AGA(男性型脱毛症)の原因として、「5アルファーリアクターゼ」という男性ホルモンを異常に活性化させてしまう酵素です。この「5アルファーリアクターゼ」の働きそのものを抑制する薬を使用するという方法があります。

 

現在主な薬は、ミノキシジルとプロペシアです。

ミノキシジルは世界で初めてFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されたものです。そもそもは血管拡張剤として開発されていたものを育毛剤としての効果も認められたので製品化されました。ただ、副作用に関してもきちんと理解しておかないといけません。

例えば降圧剤は一度服用を開始したら急激に止めること血圧の変動があるので、色々な危険が伴いますので、試してみたけど合わないので止めますという訳にはいきません。

ミノキシジルというものは本来はそういった薬だということを忘れないで下さい。

 

プロペシアはもともとは前立腺の治療薬です。前立腺肥大などの男性ホルモンの働きを抑えたほうがいい病気に使われる薬です。こちらも当然副作用があります。正常な男性ホルモンの働きまで抑制してしまう可能性があり、色々は副作用の可能性があります。

 

正直いって、そこまでのリスクを取ってまで薬で「5アルファーリアクターゼ」の働きを抑制する必要があるのか?AGA(男性型脱毛症)はそんなに大変は病気なのか?という素朴な疑問に突き当たります。

AGA(男性型脱毛症)予防、対策のまとめ

 

様々なアプローチがありますので自分に合ったもので継続できるものを

見つけていくことをお勧めします。繰り返しになりますが、AGA(男性型脱毛症)は病気ではなく老化現象の一種と考えたほうがいいでしょう。老化現象ですからさからう事はできません。

でも、老化を遅らせることは可能です。

あまり、色々と考えたり心配してしまうことがむしろストレスの増加につながり抜け毛、薄毛を促進させてしまうことにもなりかねません。