AGA(男性型脱毛症)予防と対策!

 

AGA(男性型脱毛症)予防と対策について。食事または健康食品も大切なAGA(男性型脱毛症)予防と対策になります。抜け毛、薄毛に効果的で育毛効果のある食品成分は色々あります。まずは、食事から取ることをお勧めします。何事も自然が一番です。

■地肌が赤い場合。

ビタミンEは血流を良くする働きがあります。また、血管を若く弾力のある状態に保つにはビタミンPです。

ビタミンE・・・大豆類、ナッツ類、植物油、魚類

ビタミンP・・・柑橘系食品、そば類

■地肌が脂っぽい場合。

ビタミンB2・・・レバー、納豆、チーズ、卵、ウナギ

ビタミンB6・・・魚介類、バナナ

■地肌が乾燥している場合。

ビタミンA・・・レバー、緑黄色野菜

ビタミンE・・・大豆類、ナッツ類、植物油、魚類

規則正しい生活を送り、アルコール・甘いもの・刺激物は控えといいでしょう。

一人暮らしや忙しくで外食がちな男性は健康食品で補うという方法もあります。

薬による予防、改善

AGA(男性型脱毛症)の原因として、「5アルファーリアクターゼ」という男性ホルモンを異常に活性化させてしまう酵素です。この「5アルファーリアクターゼ」の働きそのものを抑制する薬を使用するという方法があります。

 

現在主な薬は、ミノキシジルとプロペシアです。

ミノキシジルは世界で初めてFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されたものです。そもそもは血管拡張剤として開発されていたものを育毛剤としての効果も認められたので製品化されました。ただ、副作用に関してもきちんと理解しておかないといけません。

例えば降圧剤は一度服用を開始したら急激に止めること血圧の変動があるので、色々な危険が伴いますので、試してみたけど合わないので止めますという訳にはいきません。

ミノキシジルというものは本来はそういった薬だということを忘れないで下さい。

 

プロペシアはもともとは前立腺の治療薬です。前立腺肥大などの男性ホルモンの働きを抑えたほうがいい病気に使われる薬です。こちらも当然副作用があります。正常な男性ホルモンの働きまで抑制してしまう可能性があり、色々は副作用の可能性があります。

 

正直いって、そこまでのリスクを取ってまで薬で「5アルファーリアクターゼ」の働きを抑制する必要があるのか?AGA(男性型脱毛症)はそんなに大変は病気なのか?という素朴な疑問に突き当たります。

AGA(男性型脱毛症)予防、対策のまとめ

 

様々なアプローチがありますので自分に合ったもので継続できるものを

見つけていくことをお勧めします。繰り返しになりますが、AGA(男性型脱毛症)は病気ではなく老化現象の一種と考えたほうがいいでしょう。老化現象ですからさからう事はできません。

でも、老化を遅らせることは可能です。

あまり、色々と考えたり心配してしまうことがむしろストレスの増加につながり抜け毛、薄毛を促進させてしまうことにもなりかねません。