AGAとは?詳しく解説しています!

 

AGAとは男性型脱毛のことです。30~50歳代の男性が薄毛、抜け毛になる症状です。

 

男性の前立腺、睾丸、ひげ、などは男性ホルモンによって発達をしますが、この働きを促進させる酵素が「5アルファーリアクターゼ」と呼ばれるものです。

この5アルファリアクターゼが男性ホルモンのテストステロンをデヒドロテストステロンとう活性型の物質に変えてしまう性質を持っています。

 

活性化されたデヒドロテストステロンが毛根のレセプターに取り込まれると、男性ホルモンが過剰反応をして、抜け毛や薄毛などを引き起こすと言われています。

他にも様々な原因があると思いますが、AGA(男性型脱毛症)の原因として一番注目されているのが、「5アルファリアクターゼ」です。

この「5アルファリアクターゼ」の働きを抑制してあげればAGA(男性型脱毛症)を防いだり、遅らせたりすることがでるのではと考えられています。ここまでが一般的なAGA(男性型脱毛症)に対する見解です。

 

一方で、「ホルモンの問題ではなくて、デヒドロテストステロンを受け取るレセプターの感度の高い人が薄毛、抜け毛になりやすい。」という研究結果もあるのです。

私も薄毛、抜け毛が気になった時期があって、特定の商品やサービスは提供しないという【日本育毛科学協会】に質問したことがあります。

余談ですが、この協会は理容師、美容師、薬剤師しか会員になれませんのであきらめました。個人的には非常に信頼できる機関です。

かなり難しいことを書いてきましたが、ざっくばらんにまとめますと、

AGA(男性型脱毛症)は老化現象の一種で遺伝的要素が強い。

だから、あまり気にしすぎるのも良くない。老化現象の一種である以上は、遅らせるということも可能である。ということです。随分と気分が楽になりませんか?(笑)私もそうでした。

 

では、その老化現象を遅らせる様々な方法を次のページでご紹介しましょう。

AGA(男性型脱毛症)予防と対策には大きく分け3てつあります。

 

①正しいシャンプーとマッサージで健康的で育毛にいい状態を作ってあげる。

 →プロが教える薄毛、抜け毛に効果的なマッサージ方法

②普段の生活から気を付けていく

③健康食品

④薬による予防、改善

 

②普段の生活から気を付けていく

AGA(男性型脱毛症)の原因の一つとして食生活の変化があげられます。

何も薄毛、抜け毛の問題に限らず、全ての健康に言えることです。

長い日本人としての生活習慣からしてみると、戦後の食生活の変化は激変と言っていいでしょう。

和食を中心とした食生活から欧米化がかなり進んできています。そもそも日本人は魚と野菜と穀物を中心とした世界的に見てもかなり健康的な食生活をしてきましたが、近年の食生活の欧米化は色々な弊害をもたらしているといえます。

 

また、ストレスも同様ですね。ストレスは万病の元です。

睡眠時間も十分に取った方がいいでしょう。寝ている間に肌の再生が最も活発になります。

睡眠不足はお肌によくないといいますがその通りです。