老後生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与えておく契約とは

いくつになっても元気でいたいと、多くの人は願うでしょう。しかし、実際には老後に体調を崩したり、認知症などを発症してしまうことも、多くあるのです。
元気であれば出来ることでも、自分でできなくなってしまう可能性は誰にでもありえることです。そのような事態を想定して、代理人を選んでおくのも重要かもしれません。
代理人として権利を与えられた人には、さまざまなことを本人に代わっておこなうことができます。
そのうちの一つが、老後生活、療養看護に関する事務です。病院や老人ホームなど、さまざまなことを利用すると事務手続きが必要となることはあります。しかし、自分でおこなえない場合も多々あり、他の人の筆跡では何もできないとなると、生活に支障をきたすことも出てくるでしょう。
その他に財産管理も代理人におこなってもらうことも可能です。病院で使う医療費や、衣食住をおこなう為に必要なお金など、生活するにはお金が必要となります。自分では管理することが不可能になった時も、本人ではないからお金が使えないとなると、せっかくお金があっても無駄になってしまいます。
そのようにいざと言う時にも、しっかりと生活していけるように、基本的な部分をおこなってもらえる人に代理権を与えておくことは重要かもしれません。

コメント

コメントを受け付けておりません。